学校教師と塾講師の違い

塾の講師の違い

学校の授業の場合、学習は積み重りであり、いったんわからなくなって、授業のペースについていけなくなってしまった生徒たちは、一気に落ちこぼれてしまうことになります。ならば、塾で行われている集団指導はどのような方法をとっているのでしょうか。

塾も学校も似ているといえば似ているのです。塾の講師が行っているのは、学校の先生が行っている教科書中心の説明とは違い、すこし違った様相の説明であることが多いようです。それが、そのままそれぞれ塾がもつ力です。同じ内容であっても、いかに生徒達にわかりやすく、ウィットに富んだ説明によって生徒らに教えるか、そこにある個性こそが、生徒達を惹きつける魅力ともなります。

学校の先生はそうでなくても成り立つのかもしれませんが、塾の講師の場合、魅力的な先生である必要があります。学校教育は指定された教科書を使うことがあらかじめ決められています。しかし、塾の講師の場合はそうではなくて、塾独自のものを使用したりします。要点や、試験に頻出する部分をうまくまとめてある、どこを学習したらよいか、どのように学習したらよいかがか明確になっているものです。そして指導に専念できる立場にあるのは、学校ではなく塾の講師です。